よく化粧品などを使用する時には、必ずパッチテストをしてから商品を使用するようにと書かれています。
では、そもそも何故パッチテストが必要なのでしょうか?それは化粧品などに含まれている様々な添加物などに、アレルギーがありカブレたりしないかを確かめる必要があります。これをしないで化粧品などを使いカブレてしまいますと、顔や体などに湿疹や出来物などができたり、痒みや痛みを伴い最悪動機や目まい吐き気などの症状が出たりして大変危険です。
これらになるかならないかを、あらかじめ前腕部の内側に付けたい製品を塗り24~48時間放置して様子をみます。これでその製品が身体に合うか合わないかを見極めるわけです。確かに合わなければパッチテストをした部分の、前腕部の内側がカブレてしまうことになりますが、それでもそれだけのリスクで済みます。
また、このテストは季節の変わり目や体調や年齢の変化でも変わりますので、定期的なテストは必要不可欠となります。それでも面倒だからとそれを怠りますと、結構悲惨な目に遭ったりしますので気をつけたいものです。毛染めなどの場合には、このテストの方法が懇切丁寧に書かれています。良く読んでから使用しましょう。