風邪気味の時の利用方法

| 未分類 |

精油にも様々な香りや効能を持つものがあります。多くはリラックスしたい時に使われます。では、風邪気味の時にはどんな種類のものがいいのでしょうか。おすすめなのは、ゆっくりとお風呂に入ることです。湯船に浸かってしっかり体を温めます。その際に、お風呂場で洗面器にお湯を張り、そこへ精油を2~3滴垂らします。湯気で香りがお風呂場いっぱいに広がってとてもリラックス効果があります。その時に垂らす精油ですが、種類としてはオレンジやレモングレープフルーツなどの柑橘系が良いとされています。すっきりとしたさわやかな香りで心からリラックスします。匂いが薄くなったと感じたら、精油を垂らした洗面器のお湯を手でバシャバシャとかき混ぜると、また香りが立ってきます。ひき始めの風邪ならばこうしてゆっくりと体を温めてリラックスすることでほとんど治ってしまいます。お風呂から出た後は夜更かししたりせず、体が冷えないうちにお布団に入り眠ることに気をつけましょう。あとは普段ストレスを溜めないことに気を付けて、ストレスを感じたらすぐに発散するように心がけましょう。ストレスを溜めてしまうことも風邪をひきやすい状態にしてしまいます。風邪気味だな、と思ったら、まずはこの方法を試してみてはいかがでしょうか。