» 未分類のブログ記事

よく化粧品などを使用する時には、必ずパッチテストをしてから商品を使用するようにと書かれています。
では、そもそも何故パッチテストが必要なのでしょうか?それは化粧品などに含まれている様々な添加物などに、アレルギーがありカブレたりしないかを確かめる必要があります。これをしないで化粧品などを使いカブレてしまいますと、顔や体などに湿疹や出来物などができたり、痒みや痛みを伴い最悪動機や目まい吐き気などの症状が出たりして大変危険です。
これらになるかならないかを、あらかじめ前腕部の内側に付けたい製品を塗り24~48時間放置して様子をみます。これでその製品が身体に合うか合わないかを見極めるわけです。確かに合わなければパッチテストをした部分の、前腕部の内側がカブレてしまうことになりますが、それでもそれだけのリスクで済みます。
また、このテストは季節の変わり目や体調や年齢の変化でも変わりますので、定期的なテストは必要不可欠となります。それでも面倒だからとそれを怠りますと、結構悲惨な目に遭ったりしますので気をつけたいものです。毛染めなどの場合には、このテストの方法が懇切丁寧に書かれています。良く読んでから使用しましょう。

アロマテラピートリートメント用オイルは自宅でも簡単に行えることから人気が高い自然療法ですが、正しい使用方法を行わなくてはトラブルの原因となってしまいます。

まず使用する方法としてはいくつかりますが、トリートメントとして使用することができます。この使用方法は肌に塗布する方法になりますが、使用する際には植物性のオイルをベースにして、精油の濃度1%以下になるようにして混ぜたトリートメントオイルを肌に塗布していきます。

顔などの敏感な部分に使用をしていく際には、さらに濃度を薄めたものを使用するようにいたしましょう。この方法美肌にも効果的ですし、ニキビ改善なども促してくれますので、女性の方には嬉しい効果を発揮してくれます。

ただしオイルが肌に合わずに、万が一使用した肌に痛みや痒み、赤み、腫れなどが現れた場合には大量の水で洗い流してください。

そのほかにはお風呂に入れる方法があります。この方法は精油の効果と吸入法の効果の両方を得ることができますので、効果的な方法となります。

使用方法は浴槽に適温の湯に精油を垂らしていきますが、この量は約200リットルのお湯に対して5滴以下になるようにしてください。よくかき混ぜていったら10分から15分程度を目安に肩まで浸かります。

アロマテラピートリートメント用オイルは、目的に応じて選んだエッセンシャルオイルをキャリアオイルに希釈して作ったトリートメント用のマッサージオイルになります。キャリアオイルで希釈したエッセンシャルオイルは皮膚に塗ると、皮膚の表面から皮膚の奥へと浸透していきます。毛細血管やリンパ管に作用して新陳代謝が良くなって血行を良くする効果があります。エッセンシャルオイルは最終的に肝臓で分解されて体外に排出されていきます。トリートメントオイルでマッサージする時は、皮膚に直接つけるので必ず希釈して使用する必要があります。精油の希釈濃度は、1%以下が適度だといわれています。肌が弱い人などが使用する場合にはもっと希釈濃度を低くして使用する必要があります。エッセンシャルオイルを希釈するときに使用するのがキャリアオイルになります。エッセンシャルオイルの浸透を良くする働きがあり、無臭で酸化しにくいなどが条件としてあげられます。アプリコットカーネル油やアボカド油・オリーブ油などになります。アプリコットカーネル油は、荒れた肌を改善する働きがあり、フェイシャルトリートメントに使われます。アボカド油・オリーブ油は、乾燥肌の改善などの効果があります。

近年アロマオイルはリラックスや癒やしのためのセラピーやマッサージだけでなく、日常生活の様々なシーンでも活用されるようになりつつあります。
そしてそれは掃除や洗濯などの、家庭内でのハウスキーピングで利用されつつあります。やはりその大きな理由は、市販の化学薬品等で出来たハウスキーピング用の製品は匂いも独特できつく、ともするとアレルギーを引き起こす可能性があります。
しかしアロマオイルはその多くが天然の素材で作られ、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使用することが出来ます。また極端なアレルギーを引き起こす心配も無く、病気の方やお年寄りがいるご家庭でも大変に重宝されています。またその匂いもナチュラルで、お掃除の際などに上手に使えば心を癒される香りが家の中に広がります。
最近特に家庭内のアロマオイルの利用法として評判を呼んでいるのが、空気清浄機の側にアロマオイルを垂らしたお皿などを置いておく方法です。この方法はとても手軽で、しかも空気清浄機から清潔な空気が流れ出すたびに、アロマのいい香りを一緒にお部屋に運びこむことが出来ます。
また大きな手間もかからないため、もしご家庭に空気清浄機があるのであれば、一度は試してみたい方法です。

風邪気味の時の利用方法

| 未分類 |

精油にも様々な香りや効能を持つものがあります。多くはリラックスしたい時に使われます。では、風邪気味の時にはどんな種類のものがいいのでしょうか。おすすめなのは、ゆっくりとお風呂に入ることです。湯船に浸かってしっかり体を温めます。その際に、お風呂場で洗面器にお湯を張り、そこへ精油を2~3滴垂らします。湯気で香りがお風呂場いっぱいに広がってとてもリラックス効果があります。その時に垂らす精油ですが、種類としてはオレンジやレモングレープフルーツなどの柑橘系が良いとされています。すっきりとしたさわやかな香りで心からリラックスします。匂いが薄くなったと感じたら、精油を垂らした洗面器のお湯を手でバシャバシャとかき混ぜると、また香りが立ってきます。ひき始めの風邪ならばこうしてゆっくりと体を温めてリラックスすることでほとんど治ってしまいます。お風呂から出た後は夜更かししたりせず、体が冷えないうちにお布団に入り眠ることに気をつけましょう。あとは普段ストレスを溜めないことに気を付けて、ストレスを感じたらすぐに発散するように心がけましょう。ストレスを溜めてしまうことも風邪をひきやすい状態にしてしまいます。風邪気味だな、と思ったら、まずはこの方法を試してみてはいかがでしょうか。

芳香浴法とは、最も手軽にアロマテラピーを楽しむ方法であり、日常のストレスを緩和させてリラックス効果を得ることができます。精油を香らせる方法はたくさんあるのですが、扱いやすい方法を選ぶことが大切です。また、部屋の広さや通気性、香りの強さなどによって精油の量を調整していくと良いでしょう。まず、アロマポットはキャンドル式のアロマ芳香器となっており、上部の受け皿に水を入れてアロマオイルを1~5滴垂らして使うことになります。キャンドルに火を灯すことによってオイルが揮発して香りが部屋に漂うのですが、少し部屋を暗くするとさらにゆったりとリラックスできます。アロマランプとは電球の熱を使ったアロマ芳香器であり、コンセントに芳香器をセットすると電球が灯り、優しい光と香りを楽しむことができます。使い方はアロマポットと同じなのですが、火を使わないので子供がいても安全ですし、さまざまなデザインのものが登場してきているため、部屋のインテリアとしても人気となっています。アロマディフューザーは霧が出るタイプの芳香器となっており、発生したミストが見えるので視覚的にも楽しむことができます。また、肌の乾燥が気になっている人にもオススメです。

人間には五感という感覚が存在しています。そしてその感覚を研ぎ澄ませることによって、様々な能力を発揮させることができると考えられています。ですから、時と場合によってはこの感覚を刺激して、必要以上の能力を発揮できるよな環境を作り出すことが大切になるのです。それでは、どのようにしてそのような環境を作り出せば良いのでしょうか。それについては、ルームスプレーなどを利用して芳香浴法を行うことが最適な方法であると考えられます。

人間の感覚において、脳の中の集中力を発揮させる器官に一番近い存在であるのは嗅覚であると言われていますから、集中力を増したいと考えるのであれば、芳香浴法やルームスプレーなどで良い香りを作りだし、その香りによって嗅覚を刺激することが大切であると考えられるのです。それに、このような良い香りを出す方法は強烈な刺激ではなく身体に優しい刺激ですので、それほど身体に負担を与えることなく、またストレスにもならないという特性を持っていますのでとても効果的な方法であると考えて良いでしょう。ですから、ここぞという時に集中力を発揮したいのであれば、芳香浴法やルームスプレーを試してみるのはとても効果的です。

植物の実や花などから抽出する精油は別名エッシェンシャルオイルとも言われています。植物によって様々な香りと効能があり、主にアロマテラピーなどで使用されます。
リラクゼーショングッズ売り場などで簡単に手に入れることができ、生活に気軽に取り入れることができます。
普段の生活では芳香剤としての使用がほとんどですが、その他にもバスタイムのリラクゼーションに用いるのも良いでしょう。湯船に数滴たらすことで蒸気と共に香りが広がり、快適なバスタイムになります。
幾つかの沐浴法があります。
肩までしっかり浸かる全身浴、少ないお湯で下半身だけの半身浴、手や足だけ浸ける手足浴です。
お湯の温度や沐浴法それぞれに効果があります。長い間じっくり浸かり発汗作用、デトックス効果が期待できる、半身浴法はおすすめです。汗をかくことでリフレッシュでき美容にも有効です。下半身だけの入浴なので心臓にも負担がかかりにくい浸かり方です。
バスタイムのほかにも加湿器の水に入れたり、手作り化粧品に入れることも出来ます。
精油には、保湿効果や細胞を活性化させる効果があり化粧品に使用することで肌を健やかに保つことができます。オイルにはたくさんの種類があるので、どれを選べばいいかわからないときはアドバイザーにお願いしましょう。自分で資格を取得することも可能です。

エッセンシャルオイルを使用したアロマテラピーには様々な方法があり、どんな場所にいてもその場の環境に合わせて香りを楽しめるというのが魅力のひとつです。
気分が乗らない時、落ち込んでいる時に、好きな香りを嗅ぐと脳がスッキリしてリフレッシュ出来ます。
それが自然の植物の香りであるという事がまたリフレッシュ効果をアップさせる要因にもなっているのではないでしょうか。
エッセンシャルオイルの使用方法として一般的なのが、蒸気吸入法です。
これは、温めて空気中に蒸発させ、その蒸気を鼻から吸い込むという方法で、どのようなエッセンシャルオイルでも好きなように混ぜ合わせて活用する事が出来ますし、とても簡単な方法と言えます。
また、疲れを癒したい時には芳香浴法をしてみるのもよいでしょう。
お風呂に数滴垂らして入浴するのですが、全身浴と半身浴でその適量が変わってきますから、そこに注意する必要があります。
肌に優しいフランキンセンスやゼラニウムは芳香浴法に最適な香りです。
また部分浴法といって、手浴、足浴というように入浴しなくても小さな洗面器にお湯をはってエッセンシャルオイルを垂らして香りを楽しむ方法もありますから、その日の気分に合わせて選択するのがよいでしょう。